プロフィール

ご挨拶

はじめまして。marutaniと申します。最早アラフォーとは言えない45歳です(2018年現在)。

自分がアラフォー以上の年齢になって、この年代は本当に悩み多きお年頃なんだなと実感しています。言うなれば、この年代は悩みの総合デパート状態!

それでも素敵に年を取っていきたいと思うのです。
ファッションも美容も、がちがちに気合を入れると疲れるけれど、ほんの少しのおしゃれのコツや、手間のかからない美容アイテムで、大人の女性としての魅力が増したら嬉しいですよね。

きっと同じような考えを持っている方、多いのではないでしょうか。
そんな考えから、美容について、ファッションについて、巷にあふれるたくさんのものから、
これは!というものをご紹介していこうと思います。

特にファッションは、服はたくさんあるのに着て行く服がない という高度な矛盾を生じるお年頃。アラフォー以上でも素敵に着こなせるアイテムを探して、皆さまのお悩み解決のお役に立つ情報を提供していこうと思います。

※本ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。Cookieなどの情報については、プライバシーポリシーをご参照ください。

汚肌の歴史が今につながる わたしのことをすこしだけ

杓子定規なご挨拶も何なので、わたしのことを少しだけお話しします。
わたしは今でも肌がコンプレックスです。

今でこそ、肌の一部をブログにあげられる程度のものになりましたが、10代・20代はニキビ・吹き出物・肌荒れとの戦いでした。今はニキビ跡・シミ・たるみ・毛穴・・・とフルコースですね。本当に。

中学~高校の頃、ニキビはすぐになおるかな~とのんきに構えていたら、とんでもない!
大学生になり、ニキビが落ち着く年齢になったのに、今度は顎周りにもびっしり。しかも化膿したものがたくさん。触ると痛いし、周りには「どうしたの?」と言われるし、写真でも見えてしまうくらい。綺麗な肌の人がうらやましくて仕方がなかったです。(これは今でも)

朝起きたら新しいのができてて泣く、なんてこともザラでした。皮膚科も行きました。心無い看護師さんに「ひどいねー」「子供産めばよくなるわよ!」と言われて心の中で毒づいたのは良い思い出です。あ、結局子供産んでませんがね。抗生物質を飲んでるときはよくなるのですが、やめたらリバウンドっていうんですか、さらに酷くなるという悪循環でした。

そんなわけで、一番楽しい時期の写真がほとんどありません。肌で悩んでばっかりなもんで、内にこもってメタルばっかり聞いていました。愛読書はBURRN!とMETAL GEAR。当時のわたしの王子様たちは皆メタルの貴公子でした。なお皆さん漏れなく面影ありません。なんでや・・・。

写真は今でもあまり好きではないです。

ニキビ・肌荒れは社会人になって数年経ってもあまりよくならず、厚化粧で隠すようになりました。仕事も不規則なもの(編集、制作系にいました)だったので肌に良いわけがありません。

この頃の光明は、某巨大掲示板。そこの美容板に入り浸るようになります。そこで同じ悩みを抱える人たちから、いろんな情報を拾うことができました。

そして、良いと思われる化粧品を、薬局にあるものから通販まで色々試しました。なお、当時住んでいたところには、わたしが「マニアック薬局」と呼んでいた薬局があり「仕入れの情報源某巨大掲示板だろこれ」と思われるものを多数取り揃えていました。マジで重宝した薬局です。売上には相当貢献しました。スタンプカード何枚コンプリートしただろうか。

ちなみにたまにブログに登場する母は、ネットは今でもしないのに、折込チラシでなかなか良い化粧品を捕まえてくる審美眼を持っています。わたしがネットで仕入れた化粧品と同じものを、チラシや新聞広告で見て注文してたりしますしね。マナラホットクレンジングゲルや、然せっけん(かつての“よかせっけん”)も大分前からありました。っていうかこの二つは母から教えてもらったものです。

そんなこんなで、多少は見られる程度にはなりました。調子に乗って髪の色を変えまくってナイロン状態にしたのはこの頃。顔の肌はボロボロなのに、頭皮と髪だけは丈夫だったようです。なんでや・・・。(2回目)

結局体質改善しかないのかと、最後にたどり着いたのは、漢方でした。飲み始めて最初の3か月はこれまでで一番ひどい状態だったのではないでしょうか。いったんものすごくひどくなって、でも、3か月を過ぎたあたりからウソのように吹き出ものが引っ込んで、1年もたてばできなくなりました。

もちろん、その間に食生活も無茶苦茶努力しましたよ。湯シャンもこの頃だったと思います。

更にもう1年飲んで体質改善のダメ押しをして、同時に跡をなんとかせねば・・・となり、また某巨大掲示板で情報収取。個人輸入もしましたし、セルフピーリングもしました。エステもスポットで何回か行きましたね。

悪戦苦闘すること1年、今のような状態までもっていきました。もうすぐ30歳、っていう年齢です。まずくてたっかい漢方も飲み続けました。痛いピーリングもやりました。お金と時間をかけても人並み未満の肌。なんでや!(3回目)

肌と格闘していたときは、海外旅行などは全然いっていなかったと思います。だって、美容に給料つぎこんでましたから。でも肌が少しよくなると外に目が向くもので、バイクの免許を取って、2年ローンでバイク買って、ふらふら走り回ってました。これはこれで楽しかったです(小学生並)。

そんな経験が、今に生きています。
肌に悩みのある人たちに寄り添っていきたいです。鏡も、写真も見るのが本当に嫌で、人がわたしの顔を見るのも嫌で、明るく振舞っていたけれど、心の中では色々恨み節でした。そんな経験も踏まえていけたらと思っています。

肌が汚いなら、せめて服だけは、ということで、実家が洋服屋さんだったこともあり、おしゃれにしようと頑張りました。顔じゃなくて服に目がいってくれたら、という思いと、幸運なことにスタイルは悪くはなかったので、トータルで勝負ってことで。

そんな経験を踏まえて、悩みの次元が異なるアラフォー以上に突入したいま、わたしのかつての、そして今の悩みや経験の蓄積が、皆さんのお役に立てたらいいなーと思い、このブログを立ち上げました。

できるだけ正しい情報を、わかりやすく、お伝えしていけたらいいなと思います。どうぞよろしくお願いします!

日本化粧品検定2級。1級およびコスメコンシェルジュ目指して勉強を続けています。

Amazonアソシエイトについて

「45歳からの美容・ファッション」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。