ファッション

宅配買取「ブランディア」体験レポート!良い点・悪い点は?


衣替えのシーズンですね。面倒ですが思い切って洋服を断捨離するいい機会ではあります。
アラフォー以上になると、昔の服が如実に似合わなくなるので、結構入れ替えが激しくなるのでは、と推察します。

そんな洋服たちを一気に処分したい!と思ってはいるものの、燃えるゴミに出すのに躊躇するものもちらほらありますよね。
衣替えのたびにそんな調子だとたまる一方。

わたしも全く同じで、衣替えのたびに「着ないけど惜しくて捨てられない」微妙な服がたくさんたまっていきました。

そこで、宅配買取サービスを利用してみてはと思いつつ、売れるようなキラッキラのブランドものなんて持ってないしなー、と調べていたら、Brandear(ブランディア)がヒット。ブランドの幅が広そうで興味がわきました。

ただ、口コミを見てみると査定額が低かったり、ブランド品なのにノーブランド扱いを受けた・・などという話しもちらほら。これは悩みます。

ですが、買取対象のカジュアルブランドがたくさんあったということが決め手となり、期待しないで申込みをしてみることに。
(本来なら燃えるゴミがだれかの役に立つかもしれない、ということもあります。)

ということで、ブランディアの体験口コミです。ご参考ください!

ブランディアを選んだ理由

わたしのワードローブにはキラッキラの高級ブランドはありません。今回処分したいなーと思っているブランドはカジュアルなものに分類されます。たとえば、INEDだったりClear Impressionだったり・・・。お洋服詳しい方ならお値段もなんとなく浮かぶと思いますが、そんなものです。

買取サイトを巡回していると、買取ブランドが庶民的なものまで網羅していたのがブランディア。

体験サイトを見ると、査定額が安い(直球)というのもありました。でも、取り扱いブランドの幅広さが決め手となったこと、正直査定つかなくてもいいから引き取ってくれれば・・・という気持ちもあり、申込みをしました。(これから先着る機会はほぼない服でも、捨てるということに躊躇があり、断捨離ができないものを送っています。)

また梱包キットの無料送付、査定料、送料含め全てが無料であること、対応が迅速という口コミもあったこともプラスの要因です。

申込み~箱が届くまで

というわけで、ブランディアのサイトにアクセス。登録からスタートです。
TOPページの「無料査定をお申込み」をクリックします。
宅配キットの有無をたずねられます。とりあえず、大3個で申し込んでみました。郵便番号を入力して「次へ」をクリックします。

次の画面で宅配キットの配達日時の指定・住所・氏名・電話番号・メールアドレスを入力して申込みをします。その際、住所は省略しないで正しく入力しましょう。
この後に、免許証などのアップロードをする必要があるためです。

振込先口座の登録をしたら、ひとまず登録は完了。WEBのインターフェースもわかりやすく、さくさく進みます。

箱は翌日に届きました!こんな感じです。早いです。

ちなみに「大」は高さが50cmほどあって本当に大きいです。今回、ダウンジャケットを2枚送ったので、結果大きさは丁度良かったのですが、それでも3箱も使わず、1箱のみの利用となってしまいました。

今回使わなかったダンボールは次回利用しても良いとのことです。

まだまだ服の整理をするので、取っておこうと思います。
また、着払い伝票も使えると思いますのでこれも取りおき決定ですね。

仮に、予想より送るものが多くて(あるいはかさばってしまって)箱が足りなくなっちゃった!という場合は、キットの追加依頼も可能ですよ。柔軟ですね。

箱詰め~送付まで

今回は以下15着を送りました(セットアップは上下で1と数えています)

INED:半そでニット&スカートのセットアップ
INED:長袖シャツ(ためしに袖を通したくらいでほぼ未使用品)
INED:ダウンジャケット
INED:フレアスカート(ミニ)
BOSCH:タイトスカート
コムサイズム:ジャケット
コムサデモード:ダウンコート
コムサデモード:中綿ジャケット
JILL STUART:ジャケット×スカートのセットアップ
Clear Impression:ジャケット×2
Clear Impression:ジャケット×スカートのセットアップ
INDIVI:プリーツスカート
ドロシーズ:シャツワンピース
ボナジョルナータ:ライダースジャケット×スカートのセットアップ

一部を除き全て使用済み、あまり汚れていないものを選びましたが、年数が経っている服もそれなりにあるため、買取不可も多そうな予感です。
ただ、ブランディアの場合、買取不可でも引き取りをしてくれるので、特に気にしないことにしました。

服を箱詰めした後に、箱と一緒に届いた査定申込書に必要事項を記入し、集荷依頼をかけて完了です!

手続きは思ったより簡単でした。
指定した時間にクロネコヤマトさんが引き取りにきて、ひとまずはこれで完了。
後は、査定結果を待つだけになりました。

査定結果が届くまで

翌日昼くらいに「荷物を受け取りました」のメールを受信、その後1時間以内に査定結果のメールがきました。(早っ!)
スマホの画面ですが、以下が査定結果です。
どうやら、セットアップの方が価値があるようです。単品は全ておまとめされてしまいました・・・。

買取価格は締めて480円!でした。
他を探すのも面倒でしたし、値段がついただけよしとしようと思い、全て買取にしました。

査定価格に納得できない・他にも出してみたい、という場合は「返却」を指定すると送料無料で返却してくれるようです。

※追記:480円ですが、翌日に振り込み完了しておりました。早い!!

まとめ:ブランディアを使った感想

良い点:取り扱いブランドが豊富なので、カジュアルブランドでも手軽に送ることができること、スピーディな対応

ファストファッションやノーブランドは勿論NGですが、庶民派のものまで取り扱いをしているのはポイントが高いです。

他社ももしかしたら取り扱いがあるのかもしれませんが、確認を取るのが面倒でしたし、サイトで簡単に確認が取れるというのも選択理由の一つになりました。

今回は普通に送りましたが、途中で気が変わってキャンセルしたい、となったとしても、無料でキャンセルも可能です。

取り扱いブランドは7,000件以上と公式サイトにあり、たいていのものはOKでした。ただし、ブランド価値的にはこれと同列なのにダメなの?というものもありましたので、まずはサイトで確認することをオススメします。
>>CM放送中!ブランディア

また、古着などの買取については、古物商取引になるため基本「本人確認書類」が必要になります。
現住所の確認が取れるものとありますので、運転免許証や住民票などが良いみたいですね。
ブランディアではマイページより画像アップロードで良しとしてくれるので、逐一コピーを取る手間もなく、これもポイントが高かったです。(他サイトもこのあたりは同様かもしれません)

一番の面倒は実際に出す洋服類の仕分けなのですが、これは個人の問題なのでおいておくとして、各手続き(運送業者への連絡など)に関してはかなりスムーズにできました。LINEでも
無料配送キットを頼むと、着払い伝票をはじめ必要書類も送ってくれるので、CMどおり、詰めて送るだけという簡単手続きで拍子抜けするくらいでしたよ。

2回目以降はマイページから買取依頼もでき、またダンボールを自分で準備しても良いそうです。

悪い点:査定額がやや安い印象?

わたし自身は、査定額にはこだわりがほぼなく、もし買取が可能であれば・・くらいの気持ちで出したので、ほんの少しお値段がついたので結果オーライとしています。ただ、ほぼ未使用品が、そうでないものと同じ扱いなのはちょっと雑では、という印象を受けました。

ブランド価値がもう少し高いものを持っていて、査定額にこだわりがある方は、他も試してみても良いかもしれません。

手続きの簡単さ含めて、わたしはブランディアで基本的には満足でした。
衣替えで出てきた“どう考えても着ないけれど、ゴミにするには心が痛む”という服があれば、思い切って出してみてはいかがでしょうか。

買取に出した という心のゆとりも出ますし、思いがけず高値がつけば言うことないですよね。
服だけではなく、鞄や靴も査定に出せます。まずは、手持ちのものが買取OKかどうかを調べてみてはいかがでしょうか。詳しくは、公式サイトをご確認ください!
>>ブランディア宅配買取

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク