ヘアケア

【haruシャンプー】40代が使ってみた 体験レビュー!

夏に受けた様々なダメージにより頭皮と髪が一時的に弱り、その影響が出て、抜け毛とパサつきが気になりやすくなる時期です。保湿成分がたっぷり含まれたharuシャンプーで頭皮にうるおいを与え、この季節の抜け毛・パサつきをケアしませんか?

>>haru公式サイトで詳細を見る

口コミや雑誌で話題のノンシリコンシャンプー「ノンシリコンシャンプーharu kurokamiスカルプ」(haruシャンプー)。このブログでもご紹介しています。

【haruシャンプー】40代の頭皮と髪にうるおいを 口コミと特徴は? 40代になると、劇的に髪の毛の悩みが増えてきませんか? 特に気になる白髪以外にも、全体的にぺったんこになってボリュームがない、...

↑コチラの中でも軽く触れていますが、わたしはここ3~4年ほどharuシャンプーを愛用しております。

というわけで、実際haruシャンプーを使ってどうだったのかをレポートしたいと思います!
使用感が中心となりますが、最後までお付き合いくださいね。



haru公式サイトで詳細を見る

参考までに、わたしの髪質は以下のとおり。

  • 長さ:胸下くらいまでのロングヘア
  • くせ:毛先に大きなうねりが出るタイプ
  • 細さ・量:細くて多い(どっさり)
  • カラーリング等:なし

haruシャンプーについて簡単に説明

大人気のharuシャンプー。どういったもの簡単に説明したいと思います。

haruシャンプーは、100%天然由来、10の無添加をうたうオールインワンノンシリコンシャンプー。昨年夏のリニューアルで、髪に良い成分が大幅に追加されています。

  • アミノ酸系の4種の洗浄成分、ソープナッツエキスも配合し、肌に負担をかけない優しい洗いあがりを実現
  • ノンシリコンなのに洗いあがりはしっとり
  • 6種類の黒髪サポート成分
  • 8種類のボリュームアップ成分でボリュームケア
  • ダメージケア、頭皮トラブルケアに働く成分も配合

もこもこの濃厚泡が心地よいシャンプーです。髪の長さにもよりますが、毛先までしっとりうるおうので、リンスやトリートメントが基本不要。時短でハリツヤ髪を実現可能な嬉しいシャンプーです。

>>haru公式サイトで詳細を見る

haruシャンプー体験レビュー


haruシャンプーを使う前までは、石鹸シャンプー → アミノ酸系シャンプーとジプシー中でした。どちらも結構洗いあがりがきしむので、トリートメントやクエン酸リンスでなめらかにしていました。

そんな具合だったのでシャンプー=きしんで当然という概念があり、最初にharuシャンプーを使ったときは「きしまない」ことに違和感を覚えました。

また、とても滑らかで優しいもこもこの泡が立ち、髪を優しく包んでくれるのが気持ちよかったです。

最初は泡パックをしておらず、すぐに洗い流していたのですがなめらかな洗いあがり。きしまないのですすぎが楽でしっかりできます。これ重要ポイント。

きしむとすすぎが面倒になりますしね。

わたしは2年以上かけて、ショートボブからロングに伸ばしています。短いときは1本でも足りていましたが、さすがにセミロング以上の長さになってからは、そのままだと毛先のごわつきやパサつきを少し感じるようになったので、市販のトリートメント剤を使っています。

トリートメント剤は基本コレ。毛先に軽く揉みこむようにつけています。トリートメントについては結構ジプシーしています。

ちなみに、haruシャンプーに変えて1週間くらいした頃、会社の同僚に「髪の毛ツヤツヤだね」と触られました!泡パックをしなくてもツヤが出てたんですね。

今はしっかり泡パックをしています。泡をしっかり立てるのに使っているのは「ムコタ」の「スカルプマッサージャー」。

血行が良くなると成分も角質層などに浸透しやすいということで、美容師さんにも勧められたものです。頭皮を柔らかくすると、何かと良いことありそうですし。

haruシャンプーでは、3本セットをお申込みの方にシャンプーブラシをプレゼントしています。(ちなみに、わたしが初めて買ったときはヘアブラシがプレゼントでついてきました)程よい弾力で頭皮を傷つけずしっかり汚れを取ってくれる優れものなんだそうです。わたしも欲しい。

haru公式サイトで詳細を見る

haruできしみやごわつきを感じる場合は

基本きしまずしっとりするharuシャンプーですが、きしみやごわつきを感じる方もいると思います。
haruシャンプーは、泡立ちが良いので、推奨している使用量よりも少ない量でも十分洗えると思ってしまいます。

ですが、決められた使用量は守ってこそ、効果を発揮します。

リンスがいらないよう配合している保湿成分が、シャンプーの量が少ないと髪全体に行き渡らず、パサつきなどの原因になってしまうことがあります。またシャンプーの切り替え時は、髪の毛に馴染むまで時間がかかることもあるそうです。

ごわつきなどどうしても気になる場合は、コンディショナーなどを毛先に揉みこむなどして、様子を見てみてくださいね。

haru推奨の適量は以下の通りです!

  • ショート :2プッシュ
  • ボブ   :2.5プッシュ
  • セミロング:3プッシュ
  • ロング  :4プッシュ

わたしはロングなので4プッシュ使っています。3プッシュでも十分泡立つのですが、4プッシュ使うと泡がさらに細かく濃厚になります!

ヘアミネラルエッセンスも併用中

ちなみにわたしは、2年くらい前から、ヘアミネラルエッセンス(アウトバストリートメント)も併用しています。※一番上の写真の右二つがそれです

ヘアミネラルエッセンスは、髪はもちろん頭皮に直接つけられるものなんです。乾燥が気になる部分(わたしの場合は分け目のところ)につけて軽くマッサージしています。さらさらの化粧水というか水に近い感覚なので、つけたときにべたつきなども感じません。

切らさないように、シャンプーと一緒に定期コースとして注文しています。

シャンプーだけではなく、アウトバストリートメントなども定期コースとして注文することができます。本数や頻度は変更可能な柔軟性が嬉しいですね。

髪を乾かした後は?

↑少しボケてますが、普段の髪の様子です。

トリートメントも併用しているので、ごわつきなどもなく、毛先までしっとりと纏まっている印象です。さっぱりというよりはしっとりという言葉がぴったり。ツルツルしてて手触りも良いですよ。

また、わたしは髪が細いので絡まることが多いのですが、指通りもなめらかです!

3年以上使った感想

3年以上経っても、髪のツヤやハリはキープできていると思います。ショートボブからロングまで伸ばしましたが、途中の時期の「切りたい時期」は、haruシャンプーを使っていたから乗り越えられたと思っています。

短いときは割と広がりやすい状態になるわたしの髪ですが、しっとりまとまりも良くなってくれたので、途中経過をパーマもかけずにカットだけで乗り切ることができました。

白髪のことも少しだけ。髪によい成分がたくさん入っているので白髪も予防できそうですよね。残念ながら、白髪はある程度は生えてきます。年齢的に、生える速度と量>>>>予防・ケアできる量 となっていますので仕方ないかな、と。

ただ、髪にツヤがあったりボリュームが出ると隠れてくれます。目立たなくする効果は充分にあるんだなと実感しています。

白髪ケアは食生活・頭皮マッサージ含めた総合力で、今後もできるだけ目立たないようにしていければと思っています。

今でも、髪は色んな人に褒められます!これだけでもかなり嬉しいです!

haru公式サイトで詳細を見る

まとめ

haruシャンプー体験レビュー、ご参考になりましたでしょうか。

カラーリングや白髪染めをする機会がだんだん増えてくる年代のわたしたちですが、髪が元気だと色も綺麗に入り長持ちもすると言われています。また、ボリュームがあるだけで白髪は案外隠れたりもします。

そんな髪への気がかりを少しでも減らすことができれば嬉しいですよね。また、朝、髪にかける時間を少し減らすことができれば、その分他の準備ができる余裕が生まれてくる嬉しい効果も。

とりあえずharuシャンプーを試してみたいけれど、合うかどうかわからないし迷う・・という場合は、公式サイトでのご注文をおすすめします。

初回のみ30日間返金保障がつきます。これは、30日の使用で合わない場合・満足いかない場合は全額返金されるというものです。お届け後、30日以内にお申し出すれば大丈夫です。

徐々に太陽の力もやわらぎ、汗をかきにくくなる季節になっていきます。この季節は、髪や頭皮の強いダメージも減ってきて、過ごしやすいですよね。ただ、夏に受けたダメージが出てしまい、抜け毛やパサつきが出てしまう時期でもあります。

湿度が低くなると肌が乾燥するように、頭皮も乾燥していきます。また、ヘアカラーしている髪は、していない髪よりも乾燥傾向にあります。
頭皮も肌同様、保湿が大切。

頭皮にうるおいを与えることで、パサつきや抜け毛をケアすることができます。

haruシャンプーは保湿成分もたっぷり配合し、使うたびにどんどん仕上がりが良くなるよう33種の美容成分を黄金バランスで処方しています。
シャンプーなので、洗うだけで簡単に毎日、ケアをつづけることができますよ。

しっとり纏まりのよい綺麗な髪を目指して、一度お試ししてみてはいかがですか?

>>haru公式サイトで詳細を見る

わたしの髪の調子はとても良いので、まだまだ使っていこうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク