ファッション

40代アラフォー以上 痛くならないデニムコーデとオススメは?

デニム(ジーンズの方が馴染みがあるかもしれませんね!)は老若男女問わず愛されている普遍アイテム。また季節を問わない便利さも魅力の一つですよね。
とはいえ、若者のイメージが強い上、普段着ならともかく、お出かけの時のデニムが妙に決まらない・・・と思うこと、増えていませんか?

体型変化が大きいお年頃なので、若い頃と同じような着こなしだとかなり危険なデニム。
というわけで、40代アラフォー以上が、オバサン臭くならず素敵にデニムを着こなす選び方・コーデのポイントとオススメをご紹介します!

40代アラフォー以上 デニムの選び方・コーデのポイントは?

ポイントを見ていきましょう!

ポイント1:丈とシルエットに注意、サイズは昔に囚われないように

どんなに細い人でも体型変化が出るアラフォー以上。入るからと言って、無理に若いときのデニムを履くのはNGです。
腰周りやヒップラインを上手に隠し、足元をすっきり見せてくれる細身シルエットのものを選ぶようにしましょう。

ハイウエストかつ裾に向かって細くなる、テーパードタイプがアラフォー以上にオススメの形です。気になるところを隠しつつ、全体のシルエットをキレイに見せてくれますよ。
丈は足首が見えるものにすると、すっきりとした印象にも。

スキニーを選ぶ場合は、入るギリギリのサイズではなく、ワンサイズ上の少しゆとりのあるものにすると、無理やり感もなくキレイに履けます。ヒップラインなどに食い込みジワがあると気になる下半身が逆に目立つので要注意。

カラーは迷ったら濃い目の色を選ぶと良いです。

ポイント2:カジュアルになりすぎないよう女らしさをプラス

デニムコーデで注意するポイントです。アラフォー以上の場合は女らしい部分を1点加えてみてください。

  • デニム×スニーカーの場合は羽織ものにロングカーデやトレンチコートを持ってくる
  • デニム×Tシャツのラフコーデの場合は、足元をヒールサンダルにする
  • トップスにブラウスやレース、きれい目のシャツを持ってくる
  • 敢えてワントーンコーデにする(その際トップスはデザイン性の高いものをチョイス)

などなど、どこか大人らしさを感じるものを加えれば、カジュアルすぎないコーデになり、アラフォー以上でも痛くならないのでオススメ。

ポイント3:スカートは膝下以下~マキシ丈で

デニム=パンツのイメージがとても強いですが、スカートもありますよね。
アラフォー以上のNG丈はミニ。低身長の方はミニでも収まりが良いこともありますが、最低膝下以下のラインは保ちたいところ。

また、ミニ×レギンス(わたしたちの世代だとスパッツの方が馴染みが良いですね)は完全アウトなので避けましょう。
膝下~ミモレまでならタイトスカート、ミモレ~マキシならフレアスカートがオススメです。

ポイント4:アクセサリーや帽子などのアイテムを用いて、地味にならないように

アラフォー以上のデニムの問題点は「どこか全体的に地味」になってしまうこと。
靴を派手目の色にしたり、帽子やスカーフ、アクセサリーなどワンポイントで良いので華やかなものを持ってくると良いでしょう。
バングルやブレスレットで手元を盛るのも一つの手です。

ポイント5:トップスはデザイン性の高いものにしてコーデにメリハリを

デニム自体、主張が薄いので、トップスにデザイン性の高いものや、華やかな色を持ってくるとコーデにメリハリがつきます。

  • 甘めな色をトップスに持ってきた場合は、ブラックデニムなどで引き締め
  • 袖コンシャスなトップスを持ってくる
  • 抜き襟やとろみ素材で上下のシルエットバランスを取る
  • 敢えてワンピースと合わせる

など、甘辛を意識すると全体にメリハリがつきますよ。

40代アラフォー以上 デニムのおすすめと合わせアイテム

それでは、オススメのデニムをご紹介します!参考にしてみてくださいね。
※画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

ストレートタイプ:アダムエロぺ ルーズストレートデニム


フルレングス対応のリラックストレート。ハイウエスト仕様で、ヒップ位置が高く見えるのがポイント。
太すぎず細すぎないバランスの良さがあるので、基本どんなトップスとも相性が良いです。

おすすめ合わせアイテム:イッツインターナショナル ホールガーメント(R)クルーネックドルマンニット


薄手の柔らかな質感のニット。ボディラインを拾わないドルマンシルエットなので、気になりがちな二の腕やウエスト周りをさりげなくカバーしてくれます。ロングカーディガンとの相性もばっちり。

テーパードタイプ:ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング ◆SC ST B/F テーパード デニム パンツ


すっきりときれいなシルエットにこだわってデザインしたテーパードシルエットが魅力の1枚。
程よい落ち着いたウォッシュ加工が大人な着こなしを演出します。身体になじむ着心地の良さもポイントのひとつ。

おすすめ合わせアイテム:ロートレアモン トレンドチュニックモードブラウス


レイヤードした様なヘムラインと、センターバックのドレープが大人っぽいモード感を演出する、チュニックブラウスです。タイトめのボトムスとの相性は抜群ですよ。

ストレートタイプ:23区 (ニジュウサンク)23区 DENIM ボーイフィットデニムパンツ


「Dr.デニム」の名で知られている本澤裕治氏プロデュースの本格デニムです。
定番素材をリニューアルし、よりヴィンテージ感のある乾いた雰囲気を出しています。トップスにはボーダーニットやトレーナーで思い切ってカジュアルにし、ヒールパンプスとジャケットでカジュアル&シックに決めてみては。

おすすめ合わせアイテム:23区 コットンストレッチ ボーダー ニット


天竺で編み立てたボートネックのプルオーバーニット。全体にハリ感を持たせているので、身体のシルエットを絶妙にカバーしてくれます。

デニムスカート:ビューティー&ユースユナイテッドアローズ【別注】<Wrangler>∴タイトスカート


Iラインシルエットが上品なタイトスカート。フロントスリットが女性らしい雰囲気を醸します。ハイウエスト仕様なので、ウエストインの着こなしも綺麗に決まる1枚。

おすすめ合わせアイテム: アーバンリサーチドアーズ フットボールカットソー


程よいルーズな落ち感と、アームは太めに女性らしい抜けの出るシルエットに拘った1枚。肌寒い時期にはカーディガンやブルゾンのインナーとして、暖かくなればメインとして、ロングシーズン活躍するアイテムです。

まとめ

いかがでしたか?大人デニムはポイントさえ抑えれば、若いときとは違ったエレガントコーデになりますので、臆せずトライください。

ハイウエストかつ、裾が切りっぱなしのカットオフデニムもまだまだトレンド。
特にハイウエストは、腰周りを上手にカバーしてくれる優れたデザインですので、体型変化で気になる部分を上手に隠してくれる、優秀なデニムがきっと見つかるはずですよ!

動きやすく、便利なデニムを素敵に履きこなしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク