ファッション

【2018年夏】40代アラフォー以上のブラウス 着こなし方とオススメは?

スーパー定番アイテムのブラウス。オフィスでは勿論のこと、お出かけの時でもこなれ感を演出できる便利アイテムなので重宝します。
40代以上の大人の我々が素敵に着こなすにはどうしたら良いのでしょうか?着こなし方、オススメをご紹介します!

40代以上のブラウス 体型別着こなしポイント~身体にボリュームのある方~

肌の露出が増える時期は、気になるボディラインが更に気になってしまいます。だからといってオーバーサイズばかりを選んでいては勿体ない。選び方と着こなしさえ抑えれば、気になるラインをカバーしつつ、すっきり細見えさせることも可能です。
また、派手目の色が似合う体型でもありますので、赤などの夏らしい華やかな色にチャレンジしても良いと思います!

ポイント1:デコルテを出してすっきり見せる

首が詰まるとボリューム感が増しますので、デコルテを出して首周りをすっきり見せると良いです。小顔効果も得られますよ。

ポイント2:ワイドなボトムス+引き締め色のブラウスで全体のメリハリを

縦プリーツの入ったボトムスを合わせれば縦長効果が得られます。紺などの引き締め効果のある色を持ってくれば、細見え効果が得られますよ。

ポイント3:ルーズなシルエットの場合は、ウエストマークを意識して

ルーズなシルエットのブラウスは、とても女性らしいのですが、ウエストマークを意識しないと全てがビッグに見えてしまう恐れも。ワイドパンツと合わせる場合は、ウエストインをする、ウエストマークのあるボトムスを選ぶなど、メリハリのついたシルエットを目指しましょう。

ポイント4:身体の線を拾いにくい素材を選んで

フレンチリネンや麻、ワッシャー加工などの、身体の線を拾いにくい素材を選ぶことで、すっきりした印象を作り出しましょう。

40代以上のシャツ&ブラウス 体型別着こなしポイント~痩せ型の方~

痩せ型さんは何を着ても似合う!・・・というわけではないのが悩ましいところ。デコルテを出すと下着やキャミソールの線が見えてしまったり、Vネックは胸がなくて下がってしまったり。中年の痩せは必要以上に貧相に見えてしまいます。露出は抑え目にし、緩いシルエットを作ることで、細すぎる体をカモフラージュすると良いでしょう。

ポイント1:クルーネックなどで華奢すぎるデコルテを隠す

痩せ型の方は、デコルテを出すと貧相に見えてしまいます。クルーネックなどで鎖骨ちら見せ程度で上品な露出にすると良いです。

ポイント2:痩せを活かす!タイトスカートでIラインを強調

痩せ型さんはIラインのスリムスタイルがとても似合います。ウエストラインで切り返しのついたブラウスなら、細すぎず綺麗に纏まりますよ。

ポイント3:全体に緩いシルエットを作る

痩せ型さんは身体のメリハリがないことが多いため、ロング丈のトップスやテーパードパンツなどを合わせて、全体的に緩いシルエットを作りましょう。メリハリのなさを隠してくれますよ。

体型別40代以上のブラウス オススメは?

身体にボリュームのある方

素材がマットでないもの、デコルテラインがすっきりしたものを中心に選んでいます。

URBAN RESEARCH DOORS (アーバンリサーチドアーズ) リネンドットVネックブラウス

甘くなりがちなドットプリントですが、ダークカラーベースのナチュラルな生地でランダムにプリントされていますので、甘くなりすぎないシックな大人な印象を与えてくれます。
前開きのブラウスは、少しルーズなスタイルですが、首周りはすっきりとし、全体的に女性らしいシルエットにまとまります。
素材は麻なので、涼しげです!

Reflect (リフレクト) Vネックタックブラウス

夏の通勤にぴったりのきれいめブラウスです。パンツスタイルにバランスよく決まる丈なので、裾をインしなくてもすっきり着こなせます。胸元のアクセサリーライクなメタルチェーンは、取り外し可能です。また、太陽光線中の紫外線を通しにくい素材を使ってます。サイズ展開も豊富かつ、縦ストライプの柄は細見え効果抜群です。ボトムスはセンタープレスされたテーパードパンツで足首を見せれば、すっきりした大人コーデになります。

GLOBAL WORK (グローバルワーク) ギャザーPRTブラウス

袖と身ごろがフレアになったブラウスは、ゆとりもあり締め付けのないシルエットで、ダークカラーでも重たくなりすぎません。
前後差のあるデザインはボトムスインもしやすく、スタイリングに変化をつけることもできます。フレアスリーブなので、気になる二の腕も隠せますよ。

痩せ型の方

華奢な体型を活かしたもの、または華奢見えしすぎないアイテムを選びました。

URBAN RESEARCH ROSSO (アーバンリサーチロッソ) センターレースノースリーブブラウス

首元が詰まっているものの、適度にゆとりのあるシルエットで華奢見えしすぎません。
フロントレースがポイントになり、カーディガンやジャケットとのレイヤードスタイルにも最適です。パンツスタイルだけではなく、スカートにインしても上品に着こなせます。ボトムスを選ばず合わせられる1枚。

nano・universe (ナノユニバース) 肩タックノースリーブトップス

どんなボトムスとも相性の良いフレンチスリーブブラウスです。肩にWタックを入れ立体感を出しているため、肩まわりの薄さを軽減する効果も。深すぎないVラインで首回りがスッキリとしており、華奢なネックレスやボリュームピアスなどアクセサリーが映えます。
露出感も少なく上品な印象です。

HUMAN WOMAN (ヒューマン ウーマン) シアーリーフ刺繍

オーガンジーのようなナイロン素材のベースに、リーフモチーフの立体的な刺繍が施された意匠的な素材を使用した涼やかなブラウス。リネン生地とのコンビ感や、身幅広めのシルエットがリラックス感を醸しますので、華奢さもカバーできます。丈が短いので、ボトムスの種類を選ばずコーディネートできるのも魅力。

まとめ

いかがでしたか?エレガントにもカジュアルにもなるブラウスを、シーンに合わせて着こなしていきたいですね。
ブラウスは、基本的にふんわりした形が多いので、体型に悩みがあっても上手にカバーしてくれる便利アイテムです。どんなボトムスにも合う優れものですので、色々試してみてください!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク