クリーム

【白漢しろ彩 セラミドリッチクリーム】ラメラ構造の鍵はセラミド!成分・口コミは?


乾燥ケアのキーワードのひとつとして「ラメラ構造」を目にすることが多くなってきました。
肌は大きく3つの構造に分かれていますが、手で触れることができ、目に見えるのは表皮の一番上にある角質層の部分。角質層は、たった0.02㎜(サランラップくらいの厚さ)の薄い膜でできています。

こんなに薄いのに、肌を外部刺激から守り、うるおいを保つ大事な役割を果たしています。
そして、こんなに薄いからこそ、少しバランスを崩すとトラブルが出てしまうのかもしれません。

ラメラ構造とは?

角質層には、角質細胞がレンガのようにならんでいます。
角質細胞同士は、細胞間脂質という物質で結び付けられています。細胞間脂質は、セラミドをはじめとした脂質の層と、水分の層がいくつも重なる構造をしています。
この構造をラメラ構造と言い、ここを整えることが、年齢を重ねた肌へ肌のスキンケアにとって重要となります。

しろ彩 セラミドリッチクリーム」は、セラミド不足に着目したクリーム。
セラミドが何故大事なのかということも踏まえて、見ていきましょう。




【しろ彩 セラミドリッチクリーム】

☆管理人が実際につかってみました!体験レビューも併せてどうぞ☆

【白漢 しろ彩】口コミを実証!混合肌が使った結果は?体験レビュー セラミドは肌の角質層のうるおいを保つ、大事な成分です。肌の水分の40%を担っているともいわれています。セラミドは肌の「ラメラ構造...

セラミドは何故肌にとって大事なの?

セラミドリッチクリームの鍵は文字通り「セラミド」。というわけで、クリームの説明の前に、セラミドが肌にどう大事なのかをざっくり説明していきましょう。

肌の水分の40%を担う

肌の水分の実に80%が角質細胞をつなく細胞間脂質でキープされていると言われています。
細胞間脂質の脂質部分の50%はセラミドで構成されています。
単純計算ですが、全体8割の中の半分ということで、肌の水分の40%はセラミドが担っているということになります。

このことから、セラミド不足になると、乾燥が進むことは想像がつきますね。

セラミドの減少=肌バリア機能の衰え

セラミドは体内で生成されるものですが、その量は20歳をピークに減少していきます。
20代の量を100とした場合、40代では半分の量に、70代になると30%程度しか作られなくなります。

細胞間脂質は、肌のバリア機能を高める働きがあります。主成分のセラミドが減少していくと、乾燥が進むだけではなく、バリア機能も衰えていってしまうのです。

足りない分は緊急サポート要員として応援を頼まなくてはなりませんね。つまり、外からセラミドを補って、本来のセラミドの働きをしっかりサポートしてもらう必要があるのです。

しろ彩セラミドリッチクリームは「天然ヒト型セラミド」配合

人体に含まれているセラミドは1種類ではありません。細かく分けると数百種類あるともいわれています。それぞれ、役割分担が違うんですね。
そして、スキンケア製品に配合されているセラミドにはいくつか種類があります。大まかに分けるとだいたい4種類。

  • 天然セラミド:動物に含まれているセラミドを抽出したもの
  • ヒト型セラミド:酵母を原型として生産。合成とジェヌイン特許型があります。
  • 植物性セラミド:自然の植物から抽出したもの
  • 合成セラミド:石油などを原材料として作り出したもの

このセラミドの種類によって、保湿力が異なってきます。

セラミドリッチクリームに含まれているものは「天然ヒト型セラミド」。これは、人の肌のセラミドとほぼ同じ分子構造を持っているので、肌なじみが非常によく、本来の保湿力を発揮します。

細胞間脂質は人が本来持つ天然保湿因子(NMF)が抱え込んでいる水分をサンドイッチのように抱え込む、クッションのような役割を果たします。
セラミドが角質層に充分にあれば、水分のホールド力が高まり、うるおいで満たされていくことが期待できます。

セラミドリッチクリームにはセラミド以外にも肌に良い成分が凝縮

肌のうるおいは、は天然保湿因子と水分を外部に蒸発することを防ぐ細胞間脂質によってコントロールされています。
良い状態をキープするにはセラミドのみを補給するだけではダメなのは当然のこと。水分・保湿・油分のバランスの取れたスキンケアが重要になります。

セラミドリッチクリームには、セラミド以外にも肌によい成分が多数配合。代表的なものを見ていきましょう。

マリンプラセンタ

海洋性プラセンタ。国産の天然鮭を使用しています。
動物性のプラセンタ同様、海洋性プラセンタにもアミノ酸の他、31種類もの栄養素が詰まっています。
特に肌を作るたんぱく質のモトとなるアミノ酸は18種類も含まれています。

ヒレハリソウエキス

ヒレハリソウエキスは、古代より治癒草として使われてきていました。自然由来のアラントインが豊富。アラントインは、抗炎症作用に優れている成分です。

4種類の血のめぐりや代謝に働く和漢成分

既に受けてしまった肌ダメージを速やかにケアし、肌を健やかに保つものばかりです。

  1. ショウガ根エキス
  2. 甘草(カンゾウ)
  3. 茯苓(ブクリョウ)
  4. 川芎(センキュウ)

【しろ彩 セラミドリッチクリーム】

美容成分をラメラ構造に再現した「ラメラテクノロジー」採用

いくら肌によい成分でも、角質層へ浸透しなくては意味がありません。
しろ彩 セラミドリッチクリームは、美容成分をラメラ構造に再現する「ラメラテクノロジー」を採用。肌と同じ構造なので、素早く肌になじみ、うるおいが続きます。

5つのフリーを実現

肌馴染みだけではなく、肌へのやさしさももちろん考えられています。

5つのフリー無香料、無着色、アルコールフリー、パラベンフリー、鉱物油フリー

セラミドリッチクリームの使い方は?

セラミドリッチクリームはオールインワンではありません。化粧水の後につかいます。

  1. 付属のスパチュラでパール粒大を取る→乾燥しやすい目元・口元・頬を中心に伸ばしていく
  2. じっくりなじませる→全体的に塗り広げて馴染ませます。Tゾーンなどは量を調整してくださいね。
  3. もっちり手のひらについてくる感触があれば、馴染んだサインです。

簡単ですね!

しろ彩 セラミドリッチクリームの口コミは?

しろ彩 セラミドリッチクリームの口コミを見ていきましょう。まだ口コミは少ないものの、高評価です。

  • 肌なじみは抜群です!全くベタつかずさらっとしています
  • 伸びがよく使用量が少なくて済むので、逆にコスパも良いのかもしれません
  • つけ心地はサラッとしてなじみが良いです。物足りないかな?と思いましたが、そんなことはありませんでした

出典@コスメ
口コミはまだ少なかったものの、どれも高評価でした。
保湿がしっかりできる系のクリームは、うるおい膜が1枚張った感じがあるものが多い印象なのですが、これはさらっとしていてなじみが良い、という口コミが多かったです。ラメラ構造を再現しているため、肌なじみが良いものと思われます。

セラミドリッチクリームは公式サイトがお得

ラメラテクノロジーを採用し、天然ヒト型セラミド、マリンプラセンタの他美容成分がたっぷり詰まったセラミドリッチクリーム。
購入は公式サイト、楽天やAmazonで可能です。返金保証等や回数縛りがないことを考えると、まずは公式サイトでの購入がおすすめかな?と思います。

公式サイトの定期コースがお得!

しろ彩 セラミドリッチクリームの定価は税抜7,400円です。公式サイトの定期コースの場合、初回限定で半額の税抜3,700円で購入が可能です。

お得な定期コース
  • 初回限定:3,700円(税抜)※定価7,400円の半額
  • 送料無料
  • 2回目以降は20% OFFの5,920円(税抜)
  • 回数お約束なし
  • 30日間返金保証あり

定期コースの縛りもありませんので、お試しハードルは低いと思いますよ。また、AmazonPayが使えるので、Amazonのアカウントをお持ちであれば、面倒な入力が省けます!

【しろ彩 セラミドリッチクリーム】

定期コースの休止、停止、変更について

次回出荷前の10日前までに、お電話にてご連絡をお願いします。

お客様サポート専用ダイヤル
0120-393-839 (受付時間 平日10:00~18:00)

30日間全額返金保証

公式サイトで購入の場合、30日間全額返金保証があります。肌荒れなどが生じた場合は、商品到着日より30日以内に全額返金するというもの。

初回のみ、事前電話連絡必須です。
また、返送時の送料、振り込み手数料はお客様負担となりますのでご注意ください。
※送料無料商品の場合は、各商品代金から発送料600円(税抜)と振込手数料250円を差し引いた額のご返金となります。
詳しくは、公式サイト「30日間の返金保証について」をご確認ください!

まとめ

天然ヒト型セラミドを配合し、ラメラ構造を再現したクリーム「しろ彩 セラミドリッチクリーム」いかがでしたでしょうか。
セラミドの重要さを知ることができ、個人的には収穫でした。

セラミドを減らさないために、食生活を気を付けると同時に、毎日の生活にセラミドリッチクリームを加えてみてはいかがでしょうか。
定期縛りもないので、まずは1か月試してみてはいかがですか?季節の変わり目で肌もゆらぎやすい時期。今からケアをしていけば、肌はこたえてくれるはずですよ!

【しろ彩 セラミドリッチクリーム】

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク